家族葬を船橋市で上げる時の注意点

都心からのアクセスが良い船橋市では、近年さらにマンションが増えたこともあって、自宅で葬儀を行うケースが激減しています。近隣住民どうしの交流も希薄となり、そういった点からも、家族や親戚のみで行われる家族葬を選ぶ傾向が、いっそう強まっています。家族や親戚といった、ごく限られた参列者で執り行われる葬儀スタイルではありますが、参列する人数やプランの選び方で費用が大きく変わってきます。プランは概ね3種類に分かれていますので、まず、それらの内容を把握しておくことが大事です。家族が入院している場合、葬儀について事前にあれこれ調べるのは縁起が悪いと考えてしまいがちですが、万が一の事態に動転して納得のいかない葬儀となってしまうと、後々まで後悔の念が残ってしまいます。ある程度の準備は、決して悪いことではありません。

3種類あるプランの概要を把握して選択

船橋市内の多くの葬儀社が設定している家族葬のプランは、大抵の場合3つの種類に分かれています。このプランの選び方と、参列者数の違いによって、葬儀の費用が変わってきますので、まずは3種類の概要を把握しておく必要があります。1種類目は、家族と親戚だけの参列ではありますが、通常の葬儀と同じく、お通夜と告別式を2日かけて行うプランです。斎場の規模や祭壇の形式、参列する人数によって費用が変わってきます。2種類目は、お通夜がなく告別式のみの「一日葬」。3種類目は「火葬式」もしくは「直葬」です。お通夜も告別式も行わず、火葬のみ執り行います。同じ種類のプランでも、葬儀社によって10万円以上料金が違うことがありますので、予算をはっきりさせた上で葬儀社を絞り込んでいくほうが選びやすくなります。同じプランでも他社に比べてあまりに格安な料金設定は、追加料金がかかることがありますので、注意が必要です。

斎場の立地も含めて総合的な判断を

予算に応じてプランと葬儀社を選ぶことは大事ですが、葬儀を行う斎場の立地も考慮に入れなくてはなりません。自宅や駅からアクセスが良いかどうかも含め、他県からの親戚が来訪しやすい場所であることも重要です。船橋市はターミナル駅周辺に、家族葬も行える斎場が点在していますが、葬儀社によっては利用できるところとできないところがありますので、この点も把握しておかなくてはなりません。船橋市には火葬場に併設された公営の馬込斎場がありますので、火葬式を選ぶのであれば、そちらが最適と言えます。入院先で亡くなった場合、病院からすぐに故人を搬送するよう指示され、勧められるままに葬儀社を決めるケースも少なくないですが、納得のいく家族葬を行うためには、自分が選んでおいた葬儀社に、その時点で連絡できるようにしておくほうが良いと言えます。慌ててしまうと判断を誤りやすくなりますので、ある程度は覚悟を決めて、冷静に対応できるようにしておきましょう。